労働保険事務組合

事業主等の事務負担の軽減が出来ます。

労働保険事務組合とは

労働保険事務組合は、厚生労働大臣の認可を受けた団体であり、労働保険の加入手続きから保険料の申告納付等、労働保険の煩わしい手続きを、事業主の委託を受けて事務代行を行う組合です。

委託したときの特典・利点

● 事業主(法人役員)、家族従業員も申請により、労災保険(特別加入)に加入する事が出来ます
● 保険料の額に関係なく、年3回に分割納付出来ます
● 事業主等の事務負担の軽減が出来ます

委託できる事業者

委託できる事業主常時使用する労働者が300人(卸売・サービス業=100人、保険・小売=50人)以下の多治見商工会議所の会員事業所
※商工会議所会費とは別に、事務手数料が必要になります。
 詳しくはお問い合わせ下さい。

委託できる事務範囲

● 概算保険料・確定保険料等の申告・納付
● 保険関係成立に係る一切の事務手続き
● 雇用保険に係る被保険者資格の取得・喪失の届出事務(離職票作成含む)
● 労災保険の特別加入に関する事務手続き
※ 労災・雇用保険の保険給付に関する請求手続き等の事務は含まれません。